FC2ブログ
イメージ・グラスは、 フランス製のステンドグラス絵の具を使用し、 ガラスに絵付けした、ガラス絵です。 一枚一枚心を込めて手描きしています。
page top
いつまでも、色鮮やかに・・・
小樽に  「ガラス絵」  と称して売られているものが以前より増えたように思います。
ですが、描いている人や材料により全く異なるものです。
P1010716.jpg

↑ 私の作品は、フランス製のステンドグラス絵の具を用いて
   ガラスに絵付けしております。
   色鮮やかで、紫外線にも強く、太陽の光にも退色しません
   いつまでも、この色が変わらないです。

P1010718.jpg

↑   こちらは、私が実験用
 水性の 「〇国製」のアクリル絵の具で描いたものです。
  最初はもっと色が濃かったのですが、
  太陽の光に当てて置いたところ、 色が褪せてこのような状態になりました。
  これでは、いつまでも作品を楽しむことができませんね・・・?NG。

  また、野外でガラス絵を描いたりするのも、
  私には、考えられないことです。
  乾燥時に、細かい塵・ゴミがガラス表面に付着します。
  きれいな仕上がりにはなるとは思えません。


  
P1010713.jpg

↑ こちらは、私のギャラリーの野外用の看板の一つです。私が描きました。
  雨の日、日差しの強い日、雪降る寒い日・・・に耐え抜いて
  今年の秋で 5年経ちますが色褪せしていません。(凄い!)
古くは、ピカソやシャガールも愛したと言われている、
絵の具メーカーの素晴らしい品質の絵の具です。水性のアクリル絵の具とは違います。

小樽の思い出と共に、美しい色のガラス絵を永遠に・・・
そんな思いを込めて、1つ1つ心を込めて描いています。
 


いつまでも、色鮮やかに・・・・
これからも真実(ほんとう)の
ガラス絵の美しさを探求し続けていきます・・・
P1010717.jpg

2006年 「今日の日本美術モナコフェスティバル」 
       『歓びの金賞』
受賞作品。

          「Image glass frowergarden」(size 600×700)
© 手描きガラスの絵 イメージ・グラス gallery&shop  小樽. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG