FC2ブログ
イメージ・グラスは、 フランス製のステンドグラス絵の具を使用し、 ガラスに絵付けした、ガラス絵です。 一枚一枚心を込めて手描きしています。
page top
『ガラスの兜飾り展』のお知らせ
今年も出品させて頂くことになりました。
 『ガラスの兜飾り展』 クリック
早いもので、今年で5回目の出品になります。
いつもありがとうございます!!

2013年4月2日(火)~24日(水)
静岡県磐田市新造形創造館 にて開催されます。
2013兜表
新作も加えて展示させて頂きます。
2013兜 裏
お近くへお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

(なお、3月25日(木)以降はショップにての展示になります。
 作品は数量限定ですので、お早目にどうぞ!)
page top
友さんの『The Carving展』レポ
3月13日~17日まで、小樽市美術館で開催されました、
カービング作家の佐藤友保さん(通称:友さん)の
初個展『The Carving展』に行ってきました。
CIMG1518.jpg
もちろん、看板も『木』です。

CIMG1509.jpg
友さんの『愛』があふれてる
鳥や人物の作品が、会場にいっぱい!
ディスプレイも凝ってます。素敵~

CIMG1510.jpg
鳥さん・・・今にも動き出しそう~
(個人的には、カモのおちり(お尻)がかわいかった 写真撮るの忘れました

CIMG1511.jpg
小樽に縁のある、人物シリーズ

CIMG1517.jpg
いた、いた! 私のお人形もいた!
プロフィールと写真も一緒に展示紹介
(嬉しい~! けど、ちょっと照れる~)

CIMG1513.jpg
「ゲロンパ♪!」
ジェームス・ブラウンもいた!!

そっくり過ぎてこわいよ~!(笑)

友さん、大変お疲れ様でした。
そして、素敵な作品、展覧会をありがとうございます!
大盛況おめでとうございます!!
page top
セピア色の街 ♪
先日、 『FMおたる』で流れました、
私の歌「セピア色の街」
友人が You Tube にアップしてくれました。
l_04.jpg

よろしければ、どうぞお楽しみ下さい♪ 
♪こちら♪ ←をクリックしてください

先日の記事はこちらです ←
page top
ずっと咲き続ける 花束
いつもご愛顧頂いております、G県のY様からの
オーダーでお作りしました。
退職される、お仲間へのプレゼントにと
「バラとかすみ草の花束」でピンクで華やかなイメージで
とのご依頼でした。
CIMG1502.jpg
お贈りした方も、大変喜んで頂けたとのこと、
良かったです!嬉しいです!安心いたしました

これからも、ずっと咲き続ける花束です

ご依頼主の、Y様いつもありがとうございます!
「イメージどおりの出来上がり」と嬉しいお言葉

名前のとおり、イメージ・グラスなので、
これからもお客様のイメージも大切に形にしていけたら
と思っております。
ご注文ありがとうございました。
page top
歌手? 木村 由紀子
昨夜、3月8日(金) 地元のFM局 FMおたる(76.3MH.Z)
DJ 渡邉 ダイ亮さん 担当の『金曜スクランブル』の番組内で
私の、歌がかかりました~♪(いきなり、びっくりだよ~!!

その曲とは、

 『セピア色の街』 

作詞:水無月じゅん
作曲:北国 亨
唄 :木村 由紀子

 過ぎた日の 思い出たどり
 ひとり運河に たたずめば
 哀しくなるほど 時間がむかしに
  戻ってしまう
 いつしか街は 黄昏て あヽ
 涙にうるむ セピア色の街


 街並みも チャペルの鐘も
 遠いあの日の 坂の街
 潮のまつりが めぐり逢わせた
  ふたりの運命
 水面に淡い 灯がゆれて あヽ
 海鳴りかすか セピア色の街


 色あせた 落書きノート
 出抜き小路の 喫茶店
 哀しみこらえて 古いレコード
  聞くともなしに
 心で挽歌 くちずさむ あヽ
 さよなら小樽 セピア色の街


ちなみに、この後にかかった曲は
ナンシー梅木さんの曲でした~
(一緒にかけて♪、頂いて 嬉しい




page top
友さんの『The Carving展』のお知らせ
友人の 佐藤友保さんの個展
 『The Carving展』 
3月13日(水)~17(日)まで
小樽美術館1F 市民ギャラリーで開催されます。
(9:30~17:00 最終日は16:00まで)
tomo1.jpg

佐藤友保さんは、木を削って、なんでもホンモノそっくりに作ってしまう
作家さんです!! 
(友さんのホームページはこちら → Tomo's Carving

最初はバードカービングから始められたそうで、
「人」シリーズは、本当に本人そっくりで怖いくらいです!

なんと、私がモデルの「バレエ衣装を着た人形」も展示されます。
CIMG1503.jpg

私も楽しみです。
是非、お誘い合わせのうえご覧ください。

以前の記事で紹介したページ←こちら
© 手描きガラスの絵 イメージ・グラス gallery&shop  小樽. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG